• mMenu
  • CART
  • MY PAGE

MOURNING / black
¥41,040(税込)

NEW PREORDER

【3月中旬発送予定】
RUVIE会員様は5%オフにてお買い物いただけます。
▶︎新規会員登録はこちら

しなやかさが上質を語る、ダブルクロスで仕立てたブラックフォーマルのワンピース。

取り外し可能のリボンモチーフのタイは
つけることでフェミニンな印象に。きちんとした大人の可愛らしさを演出します。
タイなしで着まわし幅が広がるオーソドックスなフロントネックのデザイン。


流れるように落ちる素材感と美しいフォルムが着やすく、すっきりした印象に。
お手持ちのワードロープと合わせることで、秋冬シーズンのコーデが完成。
コサージュやアクセサリーなどで華やかさをプラスすれば
お祝いの席やビジネスシーン、冠婚葬祭などシーズンを問わずお召しいただける1着。 

※夏は正式な7部袖のフォーマルとしてお召しいただけます。
(結婚式や謝恩会、同窓会、婚活パーティー、お呼ばれ、発表会、入学式、
入園式、卒業式、卒園式、司会など様々なシーンに)

・裏地有
・タイ取外可能



商品サイズ


※ヌード寸法となります。
※モデル身長 172cm / 38(M)着用


サイズ バスト 肩幅 ウエスト 着丈
36(S) 80cm〜82cm 36.8cm 59~60cm 94cm
38(M) 82cm〜84cm 37.2cm 61~63cm 96cm



アイテム詳細


・お取り扱い

・素材
 表地:トリアセテート64%、ポリエステル36% 
裏地:ポリエステル100%

・原産国
 日本

・品番
RA12SSM1OPBK

< 慶弔・冠婚葬祭(喪服)のマナー >

・通夜
お通夜には告別式の前日に親戚や故人と親しかった友人・知人などが「突然のため急いで駆けつけました」といった意味合いがあり、喪服は不幸を予期していたとされるため、地味な平服を着用していました。急ではない場合は当日の葬儀・告別式に参列できない場合も踏まえて葬儀・告別式と同様に、ブラックフォーマルを着用することが一般的です。
(葬儀・告別式にも参列する場合)紺・グレーなどの地味な色のスーツ、ワンピースや黒無地のブラウス・スカートでも可。
ストッキングは黒または肌色。

・葬儀・告別式
葬儀・告別式に参列するときは、喪主と家族が正装となり、参列者は準礼装のブラックフォーマルを着用します。
黒のワンピースやアンサンブル、スーツ。
肌をあまり見せないのが原則で、夏場も五分袖まであるものが望ましい。
ストッキングと靴は黒を。靴は金具のついたものは避けます。

宝石類は、結婚指輪程度でピアスやイヤリング、髪飾り、腕輪などは避けます。
真珠の1連ネックレスは「涙を表す」ということで身に着けるのを許されています。
(2連の物は重なることを嫌う弔事では厳禁です)
髪は黒いゴムやピンなどでシンプルにまとめて香水は控えます。
濃いメークも控え、カラフルなネイルなどもタブーです。
光沢のある物を身につけないようにしましょう。
バッグは、黒で金具の目立つものは極力避けます。ショルダーバックも、なるべく避けたいものです。通勤や仕事の帰り等、やむなくショルダーバッグで参列する場合は、肩に掛けずに紐を結んで持つなど、持ち方を工夫しご遺族に失礼にならない心遣いをしたいものです。また、毛皮のコートや襟巻など殺生を連想させる製品は避けましょう。




買い物かごに入れる お気に入り

【3月中旬発送予定】
RUVIE会員様は5%オフにてお買い物いただけます。
▶︎新規会員登録はこちら

しなやかさが上質を語る、ダブルクロスで仕立てたブラックフォーマルのワンピース。

取り外し可能のリボンモチーフのタイは
つけることでフェミニンな印象に。きちんとした大人の可愛らしさを演出します。
タイなしで着まわし幅が広がるオーソドックスなフロントネックのデザイン。


流れるように落ちる素材感と美しいフォルムが着やすく、すっきりした印象に。
お手持ちのワードロープと合わせることで、秋冬シーズンのコーデが完成。
コサージュやアクセサリーなどで華やかさをプラスすれば
お祝いの席やビジネスシーン、冠婚葬祭などシーズンを問わずお召しいただける1着。 

※夏は正式な7部袖のフォーマルとしてお召しいただけます。
(結婚式や謝恩会、同窓会、婚活パーティー、お呼ばれ、発表会、入学式、
入園式、卒業式、卒園式、司会など様々なシーンに)

・裏地有
・タイ取外可能



商品サイズ


※ヌード寸法となります。
※モデル身長 172cm / 38(M)着用


サイズ バスト 肩幅 ウエスト 着丈
36(S) 80cm〜82cm 36.8cm 59~60cm 94cm
38(M) 82cm〜84cm 37.2cm 61~63cm 96cm



アイテム詳細


・お取り扱い

・素材
 表地:トリアセテート64%、ポリエステル36% 
裏地:ポリエステル100%

・原産国
 日本

・品番
RA12SSM1OPBK

< 慶弔・冠婚葬祭(喪服)のマナー >

・通夜
お通夜には告別式の前日に親戚や故人と親しかった友人・知人などが「突然のため急いで駆けつけました」といった意味合いがあり、喪服は不幸を予期していたとされるため、地味な平服を着用していました。急ではない場合は当日の葬儀・告別式に参列できない場合も踏まえて葬儀・告別式と同様に、ブラックフォーマルを着用することが一般的です。
(葬儀・告別式にも参列する場合)紺・グレーなどの地味な色のスーツ、ワンピースや黒無地のブラウス・スカートでも可。
ストッキングは黒または肌色。

・葬儀・告別式
葬儀・告別式に参列するときは、喪主と家族が正装となり、参列者は準礼装のブラックフォーマルを着用します。
黒のワンピースやアンサンブル、スーツ。
肌をあまり見せないのが原則で、夏場も五分袖まであるものが望ましい。
ストッキングと靴は黒を。靴は金具のついたものは避けます。

宝石類は、結婚指輪程度でピアスやイヤリング、髪飾り、腕輪などは避けます。
真珠の1連ネックレスは「涙を表す」ということで身に着けるのを許されています。
(2連の物は重なることを嫌う弔事では厳禁です)
髪は黒いゴムやピンなどでシンプルにまとめて香水は控えます。
濃いメークも控え、カラフルなネイルなどもタブーです。
光沢のある物を身につけないようにしましょう。
バッグは、黒で金具の目立つものは極力避けます。ショルダーバックも、なるべく避けたいものです。通勤や仕事の帰り等、やむなくショルダーバッグで参列する場合は、肩に掛けずに紐を結んで持つなど、持ち方を工夫しご遺族に失礼にならない心遣いをしたいものです。また、毛皮のコートや襟巻など殺生を連想させる製品は避けましょう。


この商品に対するお客様の声

ご購入された商品のみレビューを書くことができます。