知人の紹介でお茶道の茶会体験へ。

「敷居や畳の縁を踏まないよう、畳一畳を約五歩

自然な歩幅で畳の真ん中を歩きます。

茶室に入るときは右足から、出るときは左足で出ます。」

茶会の前に、先生から基本の所作として立ち方、

襖の開け方・閉め方、などを教えていただき

濃茶と薄茶、両方のお点前を頂戴する。

 

「和」ネイビーで空間に和むエレガンスを演出。

スタイルはアップスタイルにまとめて。

シャドウはブラウン、チークはナチュラルオレンジ、

リップはオレンジ。アクセサリーは控えめに。

雨の日なら足元はレインシューズでも。

ストッキングは予備を持つのをおすすめ。

 

室町時代からある京都の老舗で修業した先々代が始めた

お菓子屋さんとは先代の先生からのお付き合い。

主菓子の味も干菓子も甘さが程よく、お茶も習いたくなりそう。

 

Weather / 雨

Title / 知人のお茶教室へ

by /  Lily

▶︎Go shopping